Profile

舘野真知子 (たてのまちこ)

 

料理研究家・管理栄養士

 

栃木で8代続く専業農家に生まれる。

管理栄養士として病院に勤務後、2001年アイルランドの料理学校「Ballymaloe Cookery School」に留学し料理を学び、校長ダリーナ・アレンに影響を受け生産者を尊重すること、素材を生かす料理をすることをモットーにしている。帰国後はフードコーディネーターとしてメディアなどで活動した後、レストラン「六本木農園」の初代シェフを務め、現在はフリーランスの料理家として発酵料理をキーワードに料理の楽しさや食べることの大切さを栄養、料理、文化を通して伝える活動をしている。また国際交流にも積極的に参加し外国人向け料理教室Kitchen Nipponにて講師を務めている。また2015年にはイタリア・ミラノで開催されたPeace Kitchenが実施した和食をつたえる料理教室のカリキュラム作成、講師を担当した。

 

Machiko Tateno

 

Chef Machiko Tateno is an expert in cooking with fermented foods, a menu consultant, and Registered Dietician. After spending seven years as a supervising dietician at a hospital, Chef Tateno attended cooking schools in Japan and Ireland -the latter, the world-renowned Ballymaloe Cookery School- to learn cooking approaches that emphasize the qualities and characteristics of ingredients. Later serving as the Executive Chef of Roppongi Nouen, Chef Tateno now focuses on home-style Japanese cooking with particular attention paid to the use of fermented foods. She develops recipes that are both delicious and easy to prepare, and has written and co-written several books on Japanese cooking.


NEWS

  • おいしく食べる あま酒レシピ」好評につき重版が決定いたしました。
  • 舘野真知子参加ユニット「メガネ3」の活動がTURNSで紹介されました!
  • cotogoto「保存食暦3月」にてザワークラウトを紹介いただきました。
  • 4/10刊行の新著本「きちんとおいしく作れる漬け物」好評につき重版が決定いたしました。
  • 毎日新聞「日曜くらぶ」「おかず彩菜」にて10月から連載が始まりました。