【お知らせ】

 

舘野真知子が旅立ちの直前まで撮影、編集に力を注いだ書籍が完成いたしました。

 

「もう失敗なんて怖くない!がんばりすぎない発酵作り」 舘野真知子著  (文化出版局)

 

11月20日より発売開始。 

 

レシピに加え、日々の暮らしの様子や料理の原点について書かれたコラムなど、

舘野らしさあふれる一冊になりました。

 

 

舘野の料理は生活の中に常にあって、人に寄り添う料理でした。

皆様の日常に置いて、末永く楽しんでいただければ幸いです。

 

 

 

●2022/11/12

講談社のwebメディア「mi-mollet」にて、新著についてご紹介いただきました。

NY在住のライターNaoさんが、書籍に込められた舘野の想いなどを丁寧に綴ってくださいました。

 

ぜひご一読ください→

 

 

●2022/11/26

朝日新聞および朝日新聞デジタル「それぞれの最終楽章」にて、連載がスタートしました。

朝日新聞デジタルの医療サイト「アピタル」では、より詳しくご覧になれます。

 

ぜひご一読ください→

 

 

Profile

舘野真知子 (たてのまちこ)

 

料理研究家・管理栄養士

 

栃木で8代続く専業農家に生まれる。

管理栄養士として病院に勤務後、2001年アイルランドの料理学校「Ballymaloe Cookery School」に留学し料理を学ぶ。校長ダリーナ・アレンに影響を受け、生産者を尊重すること、素材を生かす料理をすることをモットーにしている。帰国後はフードコーディネーターとしてメディアなどで活動した後、レストラン「六本木農園」の初代シェフを務め、現在はフリーランスの料理家として発酵料理をキーワードに、料理の楽しさや食べることの大切さを栄養・料理・文化を通して伝える活動をしている。また国際交流にも積極的に参加し外国人向け料理教室Kitchen Nipponにて講師を務めている。2015年にはイタリア・ミラノで開催されたPeace Kitchenが実施した和食をつたえる料理教室のカリキュラム作成、講師を担当した。

 

Machiko Tateno

 

Chef Machiko Tateno is an expert in cooking with fermented foods, a menu consultant, and Registered Dietician. After spending seven years as a supervising dietician at a hospital, Chef Tateno attended cooking schools in Japan and Ireland -the latter, the world-renowned Ballymaloe Cookery School- to learn cooking approaches that emphasize the qualities and characteristics of ingredients. Later serving as the Executive Chef of Roppongi Nouen, Chef Tateno now focuses on home-style Japanese cooking with particular attention paid to the use of fermented foods. She develops recipes that are both delicious and easy to prepare, and has written and co-written several books on Japanese cooking.


NEWS